読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域づくりブログ

地域を愛し、誇りを持って働き、暮らし、輝いている地域人(ちいきびと)の物語を紡ぎたい。

糸島

旧土井良家住宅の空き家再生プロジェクトその3(活用編)

昨年から糸島の岐志浜集落で、古民家の空き家再生のお手伝いをしています。今回はその活用状況について報告します。繰り返しになりますが、きっかけは、岐志浜の海徳寺の松月さんからの相談でした。海徳寺では、以前から週1回ほど地域の人たちが集まってお…

福吉産業まつりに体験農園ブースを出店

「福吉産業まつりに参加しませんか?」 体験農園を一緒に手伝っている井口さんからこの言葉を聞いたとき、最初は地元の祭りに遊びに来ませんか、という意味だと思っていました。その後、よく聞くと体験農園として1ブースを借りて、余った農作物を使って加工…

現代版山守の仕組みを構築して里山を守りたい-糸島林研クラブが目指す取り組み-

「林研」というのは林業研究グループの略で、今から60年くらい前に林業の技術開発や経営研修、交流などを行うために設立された全国組織で、山主などの林業の後継者が参加要件になっているところも多いそうです。 私が糸島林研代表の吉村正春さんに初めてお会…

「森の健康診断」に参加しました

「森の健康診断」は人工林に入り、木の幹の太さを測ったり、植生を調べたりすることで、森林の状況を一般の人々にも知ってもらおうという主旨で開催されています。愛知県で始められた取り組みで、糸島でも4回目を迎えます。チェンソーなどを使った危険を伴う…

糸島市福吉地域で2回目の農園チャレンジ

−「福ふく体験農園」の取り組み紹介(準備編)− 糸島市の福吉地域で「糸島まるごと農学校(以下、農学校)」をお手伝いしたのはもう9年も前のこと。旧二丈町が合併して糸島市になる前に九州大学と福岡県と連携して実施した糸島学研構想の事業でした。当時は…

旧土井良家住宅の空き家再生プロジェクトその2(開発許可編)

-市街化調整区域の開発許可申請顛末記- タイトルから「市街化調整区域(以下、調整区域)」と「開発許可」という耳慣れない言葉が並んでいます。これから地域づくりで空き家活用という話も増えてくると思いますが、空き家がたまたま調整区域に存在すること…

旧土井良家住宅の空き家再生プロジェクト(準備編)

現在、糸島の岐志浜という集落で、旧志摩町史にも載る古民家の空き家再生のお手伝いをしています。そもそものきっかけは、集落の方々の菩提寺である海徳寺の松月さんから、「空き家の活用の相談に乗ってほしい」と連絡を受けたことでした。ちょうどそのころ…

笑顔写真家と糸島の“木”をつなぐ旅

津屋崎の新しいまちづくりの学校が終わった2日後の火曜日。仲間だった笑顔写真家のかとうさんからメッセージが届きました。糸島の地域づくりやまちづくりに係る人たちを取材して回りたいと。 学校の初日のバーベキューの際、参加者同士の“おらが地域の自慢…